【メンテナンス】車検!車検!車検!が続いています~(*^▽^*)

こんにちは、香川県のハーレー整備・カスタムショップSPOONMOTORCYCLEです(^^)/

今日も、閲覧ありがとうございます!

車検のご用命を多く頂いており、ありがたい限りです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

最近ようやく落ち着いてきました(-“-💦

 

暖かくなって「ハーレー買おうかな」とか「乗り換えようかな」という時期が

重なる為だと考えられます(/・ω・)/

冬は乗らなくて車検が切れたけど春から新しく取るって方もいらっしゃいます🌸

車検、、、、2年に一度ある避けては通れない事象ですね。

気が付いたら、車検が切れていた!!!!来週切れてしまう!!!!

ということはないように皆様お願いいたしますm(__)m💦

車検が切れた状態で走行することは

△道路交通法違反△になってしまいます。

車検切れと無保険(自賠責保険切れ)の場合

違反点数6点+罰金は理論上80万円(通常は20~30万円)程度

となるようです。さらに前歴無しで30日間の免停になります。

前歴の有無や事故を合わせておこしたり状況によっては免許取消の

可能性もありますので、注意が必要です。

モチロン!違反せず車検を期限内に受けることが大前提です!!(>_<)

車検は、ただ車検場を通すだけではありませんよ~

きちんと点検して、オイルをさしたりメンテナンスが中心になっています。

走行距離によっては、エンジンオイルやプライマリーオイル交換したり

不具合がないか確認しています。

年式や状態によっては、ベアリングのメンテナンスも。

経年劣化で、グリスがほとんど切れてしまっています。

必要に応じて新しくしたり、クリーニングしたりしています。

車検は、メンテナンスの機会です✨合わせてカスタムもされる方も多いです。

車検していただいた皆様(写真を撮っていない方もいますのでごく一部です)をご紹介します♪

★2010年式 FLSTFB

合わせて前後タイヤ交換&ブレーキパッド交換させていただきました!

女性の方ですが、走り回っていらっしゃるようです。またお立ち寄りください(^^)/

★2010年式 FXDL

合わせて、オイル類・リアタイヤ・ヘッドベアリング交換させていただきました!

ロングタイプのシーシーバーもカスタムさせていただきました。使い心地の感想お待ちしています(^◇^)

★2001年式 XLH1200S

バッテリー・オイル類も合わせて交換させていただきました!

初めましてのお客様でしたが、HPを見てきてくださり嬉しかったです✨

★2012年式 FLTRXSE

合わせて、オイル類も交換させていただきました!

当店で販売させていただいた車両ですが、奥様と一緒にたくさん乗ってくださっています(^^)/

★2012年式 FLD

合わせて、オイル類・エアフィルター・ブレーキパッド・プラグを交換させていただきました!

遠方に転勤されましたが、またお近くの際はお立ち寄りくださいね。

★2007年式 FXSTC

合わせて、オイル類・バッテリーの交換をさせていただきました!

新車時から10年余りのお付き合いです(*^^)v きれいに維持されています。

★2008年式 FLSTF

合わせて、オイル交換などしていただきました!

車検の度、月日が経つのが早く感じますね・・・いつでもお立ち寄りください(^^♪

★2004年式 XL1200R

合わせてハンドル周りやタンクアップのカスタムをしていただきました。

また別記事にしたいと思います(^^)/

★1995年式 FXSTC

合わせて、ハンドル・チェーン化カスタムや前後ホイール・フォーク等々カスタムさせていただきました。

※チェーン化には、陸運局に改造変更が必要になりますのでご注意ください※

こちらも別記事にしたいと思います°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

車検は人間の健康診断みたいなものなんですからみなさんきちんと受けてあげてくださいね💛

※車検期限の1ヶ月前から受けることが可能です。

車検をご希望の方は、作業日程の関係もありますので

お早めにご連絡いただけると助けります(*^▽^*)

ここまでお読みいただきありがとうございました❢

 

 

 

 

 

【メンテナンス】オイル交換やブレーキパッド交換など、ツーリング帰りに(*^▽^*)

こんにちは、香川県のハーレー整備・カスタムショップSPOONMOTORCYCLEです(^^)/

今日も、閲覧ありがとうございます!

最近カスタムの記事ばかりなので、久々にメンテナンス関係で(^^♪

ツーリング帰りに、寄っていただいた方がオイル交換とブレーキパッド交換していただいたので

合わせてご紹介させていただきます。

★オイル交換《2004年式 FLHRS》

春先に走られる方が多いので、この時期オイル交換希望の方多くなってます。

交換時期などについてはコチラの記事で➡【メンテナンス】オイル交換

当店では、純正とレブレック(社外品)お買い求めいただけます。

今回は、エンジンオイル・オイルフィルター・プライマリーオイルを交換していただきました。

順調に作業が進み、40分程度で作業は完了しました。

ありがとうございました❢

★ブレーキパッド交換《2010年式 FLTRX》

以前当店から納車させていただいたTRですが、走り回っていらっしゃるとのこと(^◇^)

ブレーキパッドの交換目安は20,000㌔~30,000㌔程度ですが、

車種・年式・走行の癖などで変わってきますので気になる方はお問合せ下さい。

お客様は、リアブレーキ中心で乗られていて減りが早めだったようです。

すり減ったブレーキパッドです。

新しいものに交換!全く違いますね(>_<)

無事、交換完了です✨

これで、お二人ともまた走り回れますね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

またツーリングのお話聞かせてください(^^)/

ありがとうございました❢

※作業ご希望の際は、他の方の作業をしている場合もありますので

お電話等でのご予約をいただければ円滑に作業ができますのでよろしくお願いいたしますm(__)m

 

 

 

 

バッテリー充電器入荷遅延のお詫び

こんにちは、香川県のハーレー整備・カスタムショップSPOONMOTORCYCLEです(^^)/

今日も、閲覧ありがとうございます!

今回は、メンテナンス関係なのですが、バッテリー充電器の入荷が

遅延していることについてお知らせさせていただきます。

当ブログでもご紹介させていただいたことのある

バッテリー充電器について昨年秋から注文を入れておりますが

現在も入荷の目途が立っておりません。

(紹介ブログは➡バッテリー充電器のススメ

ご注文いただいているお客様には大変ご迷惑をお掛けしております。

引き続き入荷をお待ちいただいてももちろん良いですし、

価格は変わりますが、別メーカーの同等商品を提案させていただくことも可能となっております。

お待たせしてしまい、申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

 

【メンテナンス】タイヤ交換って重要なんです(*^^)v

こんにちは、香川県のハーレー整備・カスタムショップSPOONMOTORCYCLEです(^^)/

今日も閲覧ありがとうございます!

最近、タイヤ交換のご用命良く頂いております。

ありがとうございます(*^-^*)

今回は、タイヤ交換について詳しく書きたいと思います。

タイヤ交換ってオイル交換などよりスパンが長いからか

あんまり気にされてない方もいらっしゃいますね。

でも、走る際に全体重がかかってバイクも人も支える訳ですから

柔軟性だけではなく、グリップ力も求められます。

※タイヤの残量が1.6mm以下だと車検に通りません。

もっともツルツルだとこんな感じです( ;∀;)

こちらは、即交換したほうがいいレベルです。

残量がないタイヤだと、滑りやすかったり、車体が振られるきっかけになったり良いことはありません。

ゴムでできていますから、時間が経つほど固く劣化していきます。

残量がまだ残っているからといって

年数が経っていたら交換を勧めさせていただいています。

以前、残量があっても劣化でタイヤのサイドが裂けてしまい

運転中に急にパンクしてしまったことがあります((+_+))💦

他に、よく質問受けることも掲載しておきますね。

Q:タイヤの右側(運転者から見て)が減るのはなぜですか?

上記の写真も進行方向右側の方がすり減ってますよね。

これは、もともと日本の道路に横断傾斜がついているからなんです。

水はけがよくなるように、例えば片側一車線なら中央線が一番高く

裾に広がるほど低い作りになっています。

その為、右側の方が接地面が多く削れてしまうのです。

見て明らかに右側が薄くなっている場合はバランスが悪くなっていきますので

交換の時期ともいえます。

そして、もちろん交換させていただきました(^^♪車種は、2016年式のFLSTFBです。

全く違ってきますね。

合わせてフロントも交換させていただきました(^◇^)

別日には、2015年式FXSBのタイヤ交換もさせていただきました。

ブレイクアウトは、タイヤが太くて迫力がありますが

持ちがあまりよくありません💦

こちらのお客様は北海道にツーリングにいかれるとのことで

そちらに合わせて交換させていただきました!

新品のタイヤは一皮むけるまで(距離でいうと約100km)つるりとしておりますので

交換して直ぐはご注意ください(^^)/

人間で例えると足のようなものですから

いろんなところに走りに行くためにも大切にしておきたいですね。

何かご不明な点等ありましたらお問合せください(*^-^*)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆

過去のメンテナンスに関する記事はこちらから➡【メンテナンス・修理】

 

 

 

【メンテナンス】エンジンブライトナーでお掃除&潤いをプラス✨

こんにちは、香川県のハーレー整備・カスタムショップSPOONMOTORCYCLEです(^^)/

今日も閲覧ありがとうございます!

今日は、ハーレー純正のメンテナンスアイテムのご紹介です♪

皆さん、バイクの手入れをしていてブラックのフィンの退色や汚れが気になったことはありませんか?

乗っているうちに、クロームや目立つ部分は手入れしていても

ふと気が付いたらなんだか汚い?けどどう洗ったらいいの?って

なりませんか。

お客様の車両を磨いている際に気になっていいのがないか調べたところ

こちらの商品を使ってみることにしました↓

《エンジンブライトナー》3,350円(税込)※2017年5月現在

こちらは、シリンダーフィンだけではなく同じくリンクルブラック仕上げの

エンジンケースやカバー部分にも使えます。

『錆や自然退色を美しく蘇らせ、表面深くの汚れを落とし潤いを与えサテンの光沢を復活』

あまりのうたい文句に、若干の疑問を抱きつつ(笑)早速使用!

年月が経って、白んでいる状態です。

使い方は、まずエンジンの埃などを落とし水気をなくした状態からスタート。

噴霧させたくない場所を布で覆います。

噴射°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

ノズルを使ってこのような角度からも攻めてみます。

浸透するのを待って、ふき取ります。

ごしごし拭くよりかは、余った水分を軽く取ってあげる感じです。

使用後はこんな感じ✨

明らかに、黒々になりました~~~~(^O^)/★

退色が進んでしまった車両は特にわかりますね。

日常的に使用していると新しいエンジンのような外観が保てますとのこと。

鉄の茶色くなった錆を取り除く事はできませんが

黒いところが黒いとキレイに見えますね。

洗車仕上げのお供にいかがでしょうか?

ぜひ体感してみてください(*’▽’)

※店頭にストックしていますが、タイミングによっては

お取り寄せとなる場合がありますのでご了承くださいm(__)m

ありがとうございました❢

 

【修理】異音の原因はどこに?!ミッション分解してベアリングを交換しました!

こんにちは、香川県のハーレー整備・カスタムショップSPOONMOTORCYCLEです(^^)/

今日も、閲覧ありがとうございます!

今回は、1992年式FLHTCの異音修理をしましたのでご紹介させていただきます。

お客様から異音の相談を受けた時は、試乗時間をかなりとっても聞くことができませんでした。

「明らかに異音がある!」方が分かりやすくていいのですが、

「たまにこんな音がする」というのは異音が聞けないと分からないので困ることが多いです。

いろいろ点検したり見たりしたのですが分からず、、、、

しばらくたって、ふと異音が!!

ミッション内のベアリングが痛んで音が車体下部に響き

前方から音が聞こえるような感じでした。

敵はミッションにあり!となったのでお客様にご相談しミッション分解作業に入ることになりました。

ただし、あくまでも予測になるので開けてみて痛んでいるところがあったり、

別の所に影響が出てたりする場合は別途追加料金が発生します。

今回は、痛んでいたオイルシールなどの消耗品があったので

追加でメンテナンスさせていただきました(*^^*)

プライマリーケースから、分解していきます。

最終的に異音の原因となっていた、ベアリングを交換して

元通りに組み立てて完成です。

その後、試乗も長めにさせていただきましたが不具合なく完了しました。

長い間お預かりさせていただきまして、申し訳ありませんでした(^_^;)

これからまた乗ってあげてくださいね。

ありがとうございました❢

 

 

【メンテナンス・修理】2000年式FXSTSを充電不良でお預かりしました。

こんにちは、香川県のハーレー整備・カスタムショップSPOONMOTORCYCLEです(^^)/

今日も、閲覧ありがとうございます!

今回は、2000年式FXSTSの充電不良修理を承ったのでご紹介します。

「いざ乗ろうとしたら、バッテリーが上がってかからない」時にバッテリーを変えたり充電しても

「走行してきたのに一旦エンジンを止めると再始動できない」や

「バッテリーを変えても、充電されない」という場合は車体側に不備がある場合がほとんど!

お客様の場合は、ステーターコイルの内部短絡が原因でした。

ただし、内部の不具合の場合は予測できても開けてみないと分からない部分が

あるのが難しいですね💦

今回は、予想通りの不良でしたので追加等なく順調に修理が進みました。

プライマリー側を分解していきます。

原因となるステーターコイルを取り出しました!

こちらは充電の元となる交流電圧を発生させる部品です。

周りにはローターと呼ばれるマグネットが回転しており、マグネットの電磁誘導作用で電気が発生するようになっています。

ちょっと難しいですね〜。

焦げ付いて配線が傷んでしまっています。

このようになってしまうのは、年式による劣化が多いです。

新品に交換です。

オイル類も交換して、オイルシールも変えて組み立てます。

無事充電するようになりました(*^▽^*)

これからも大切に乗ってあげてください(^^♪

ありがとうございました❢

 

【メンテナンス】1998年式FLSTSをタイヤ&ヘッドベアリング交換・点検でお預かりしました(*^▽^*)

こんにちは、香川県のハーレー整備・カスタムショップSPOONMOTORCYCLEです(^^)/

今日も、閲覧ありがとうございます!

今回は、1998年式FLSTSのメンテナンスについてご紹介させていただきますね。

まずは、以前ご紹介させていただいた ➡【メンテナンス】ステアリングヘッドベアリング交換

と同じですが、ヘッドベアリング交換させていただきました。

分解していきます!お、重い・・・(; ・`д・´)

きれいに古いグリスは拭きとって新しく✨

こちら側にも無事、新品が装着されました。

続いて、タイヤ交換~(*^▽^*)

お客様はクラシックなスタイルに合わせて

ホワイトウォールタイヤにされましたよ。(あ、青は白色保護用で洗うと落ちますよ)

前後交換させていただいたので、グリップ力も向上です★

新品は真っ白が特にきれいですね。そしてやっぱりこの車種にはこれが似合う~♬

※タイヤの溝がない場合はもちろん交換をおすすめしていますが、

経年劣化によって見た目では溝があってもグリップ力のない滑る状態になっている

車両も時々見受けられますΣ( ̄ロ ̄lll)

ゴムは劣化します!!!約3年以上したタイヤであれば交換を検討してみてください。

交換等しながら、全体的に点検もさせていただきました。

お客様がリアサスペンションからする擦れるような感じの音が気になるとのことで、

分解整備させていただきました。

中から、20年分と予想される砂利やごみ、べとべとしたものが大量に出てきました。

掻き出して組み立てると、音もならず快適になりました。

詰まっていたものが抵抗になって音がしていたようです。

点検後は、現状を踏まえこれからも快適に乗っていくために

次回メンテナンスのタイミングなどをお伝えさせていただきました。

点検のメリット

◆トラブルを未然に防ぐ、または最小限にとどめることができる。

(ひいては、車両の寿命を延ばすことに繋がります。)

◆今後のメンテナンスの見通しが立つ

(あと〇〇キロで、タイヤを変える・オーバーホールをする等)

過去には、

■ 少し異音がする→放置により、ギアが欠け内部が破損

■ タイヤが古くなっている→放置により、路上走行中にパンク

などということが・・・(;´・ω・)

反対に、異音に早く対処したおかげで、大事に至らなかった場合もあります。

点検は、人間でいう健康診断みたいなものですね!

大切な車両、気になる症状がある方や長らく点検していない場合は

検討してみてくださいね。

新しいベアリングに、整備したサスペンションに新品のタイヤ✨

今までと感触が変わっていますので慣れるまでお気をつけて乗ってあげてください(^^)/

ありがとうございました❢

 

 

 

 

【メンテナンス】ステアリングヘッドベアリング交換

こんにちは、香川県のハーレー整備・カスタムショップSPOONMOTORCYCLEです(^^)/

今日も、閲覧ありがとうございます!

最近【カスタム】の記事ばかりですので、

今日は【メンテナンス】のご紹介をさせていただきますね。

最近何件か、ステアリングヘッドベアリングの交換が続いています。

ベアリングとは、荷重を受けながらも稼働する箇所の事で

快適走行の為にハーレーの至る所に使われているパーツです。

ステアリングヘッドベアリングとは、車体のフレームネック部分の上下にあるベアリングで

重いハーレーの車重を受けながらハンドルを切る為の大変重要なパーツです。

劣化したり消耗すると、ハンドリングがガタガタしたりスムーズな運転の妨げになります。

 

まずは、ダイナから取り掛かります。

交換前のベアリングはこちら↓

劣化するとグリスが固まってしまい、黒く変色しています。

受け皿側のパーツも何度も荷重がかかることによって、跡になったり傷ができます。

この傷がスムーズなハンドリングの妨げになります。

バラバラで作業をすすめていきます。

取り出すのに、フロント回りはほとんど外さないといけません。

無事、新しくなりグリスも塗りなおしました。もともとは青色なんです。

上部も同時交換です。その後、無事に完成いたしました(*^▽^*)

お次はスプリンガーの作業に入ります。

スプリンガーは特に、ほかの車種と異なりフロントフォーク内で衝撃吸収ができないため

痛みやすく、かつ分解・交換に手間がかかる車両です💦

痛みやすいので、せっかく交換しても大きな衝撃を一度受けるだけで傷がついてしまうこともある為

お客様には十分説明してから交換に移ります。

スプリンガーはこの部分ですね👇

グリスが固まると、なかなか外れません。

重いスプリング部分が勢いで転倒などしない様に慎重に抜いていきます。(しかし、なかなか動かない・・・(*_*))

タンクも下した状態。ようやく外れました。

外したスプリンガーは、倒さない様に支えながらこびりついたグリスなど清掃します。

フレームには新しいベアリングが装着されました。

同様に慎重にスプリングをつけて、ライト類・タンク類を装着して完了です!

スプリンガーは手間もかかりますが、独特なフォルムを愛してやまない人も多いですよね。

これからも、手入れを続けてあげてください(^o^)丿

 

最近ハンドリングに違和感を感じる方などいらっしゃいましたらご相談ください。

ベアリング以外にもタイヤの摩耗などが影響している場合もあります。

走行や、最悪の場合事故に繋がる恐れもありますのでご注意下さいね!

ここまでお読みいただきありがとうございました❢

 

 

【カスタム&メンテナンス】2009年式FXDFのフロントブレーキディスク交換

こんにちは、香川県のハーレー整備・カスタムショップSPOONMOTORCYCLEです(^^)/

いつも閲覧ありがとうございます(*^▽^*)

この寒波の中でもご来店くださいましてありがとうございます。

 

今日は、カスタム&メンテナンスもかねてフロントブレーキディスク交換の

ご紹介をさせていただきますね。

年式は2009年、FXDFにお乗りのお客様。

距離は8万キロを超えていますが、いつもマメにオイル交換などメンテナンスに来てくださって

ツーリングを楽しんでいらっしゃいます(*^▽^*)

車両も大切にされていて沢山の所に連れて行ってもらえて嬉しいだろうな~♬と

お話を聞かせていただくたびに思います。

※距離だけではなく、何より手入れをきちんとしてあげることが車体の状態や寿命を

伸ばしてあげることに繋がりますよ!!!

交換前のフロントブレーキディスクはこのような状態。

見た目だけでは分かりにくいですが、ブレーキパッドの当たり面が大きく摩耗してきています。

乗る方の癖によって減り具合も違いますので車検や定期点検時には特に注意が必要な項目です。

交換しないままだと、摩耗が進みブレーキの利きに癖が出たり、歪みが生じてハンドリングがぶれてしまう場合もあります。

今回は合わせてブレーキパットも交換させていただきました。

ディスクは純正のブラックを用いたタイプのものを選びました。

車体のカラーとマッチしていていい感じですね!

タイヤと一緒で表面が削れるまで、真っ新の状態からしばらくは慣らし運転が必要ですが、

その後のツーリングは安心です(^^)/

特にブレーキ関係は、ひょっとすると事故に繋がる場合がありますのでメンテナンスが重要ですよ★

また、ツーリングの話聞かせてくださいね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

ありがとうございました❢

CONTACT