2017年6月15日 spoon

【修理】異音の原因はどこに?!ミッション分解してベアリングを交換しました!

こんにちは、香川県のハーレー整備・カスタムショップSPOONMOTORCYCLEです(^^)/

今日も、閲覧ありがとうございます!

今回は、1992年式FLHTCの異音修理をしましたのでご紹介させていただきます。

お客様から異音の相談を受けた時は、試乗時間をかなりとっても聞くことができませんでした。

「明らかに異音がある!」方が分かりやすくていいのですが、

「たまにこんな音がする」というのは異音が聞けないと分からないので困ることが多いです。

いろいろ点検したり見たりしたのですが分からず、、、、

しばらくたって、ふと異音が!!

ミッション内のベアリングが痛んで音が車体下部に響き

前方から音が聞こえるような感じでした。

敵はミッションにあり!となったのでお客様にご相談しミッション分解作業に入ることになりました。

ただし、あくまでも予測になるので開けてみて痛んでいるところがあったり、

別の所に影響が出てたりする場合は別途追加料金が発生します。

今回は、痛んでいたオイルシールなどの消耗品があったので

追加でメンテナンスさせていただきました(*^^*)

プライマリーケースから、分解していきます。

最終的に異音の原因となっていた、ベアリングを交換して

元通りに組み立てて完成です。

その後、試乗も長めにさせていただきましたが不具合なく完了しました。

長い間お預かりさせていただきまして、申し訳ありませんでした(^_^;)

これからまた乗ってあげてくださいね。

ありがとうございました❢

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です