2017年3月20日 spoon

【メンテナンス】ステアリングヘッドベアリング交換

こんにちは、香川県のハーレー整備・カスタムショップSPOONMOTORCYCLEです(^^)/

今日も、閲覧ありがとうございます!

最近【カスタム】の記事ばかりですので、

今日は【メンテナンス】のご紹介をさせていただきますね。

最近何件か、ステアリングヘッドベアリングの交換が続いています。

ベアリングとは、荷重を受けながらも稼働する箇所の事で

快適走行の為にハーレーの至る所に使われているパーツです。

ステアリングヘッドベアリングとは、車体のフレームネック部分の上下にあるベアリングで

重いハーレーの車重を受けながらハンドルを切る為の大変重要なパーツです。

劣化したり消耗すると、ハンドリングがガタガタしたりスムーズな運転の妨げになります。

 

まずは、ダイナから取り掛かります。

交換前のベアリングはこちら↓

劣化するとグリスが固まってしまい、黒く変色しています。

受け皿側のパーツも何度も荷重がかかることによって、跡になったり傷ができます。

この傷がスムーズなハンドリングの妨げになります。

バラバラで作業をすすめていきます。

取り出すのに、フロント回りはほとんど外さないといけません。

無事、新しくなりグリスも塗りなおしました。もともとは青色なんです。

上部も同時交換です。その後、無事に完成いたしました(*^▽^*)

お次はスプリンガーの作業に入ります。

スプリンガーは特に、ほかの車種と異なりフロントフォーク内で衝撃吸収ができないため

痛みやすく、かつ分解・交換に手間がかかる車両です💦

痛みやすいので、せっかく交換しても大きな衝撃を一度受けるだけで傷がついてしまうこともある為

お客様には十分説明してから交換に移ります。

スプリンガーはこの部分ですね👇

グリスが固まると、なかなか外れません。

重いスプリング部分が勢いで転倒などしない様に慎重に抜いていきます。(しかし、なかなか動かない・・・(*_*))

タンクも下した状態。ようやく外れました。

外したスプリンガーは、倒さない様に支えながらこびりついたグリスなど清掃します。

フレームには新しいベアリングが装着されました。

同様に慎重にスプリングをつけて、ライト類・タンク類を装着して完了です!

スプリンガーは手間もかかりますが、独特なフォルムを愛してやまない人も多いですよね。

これからも、手入れを続けてあげてください(^o^)丿

 

最近ハンドリングに違和感を感じる方などいらっしゃいましたらご相談ください。

ベアリング以外にもタイヤの摩耗などが影響している場合もあります。

走行や、最悪の場合事故に繋がる恐れもありますのでご注意下さいね!

ここまでお読みいただきありがとうございました❢

 

 

Comment (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です